短小ペニスの埋蔵部分に隠された秘密があります

otoko4.jpg

ペニスを大きくしたいという“ペニス増大願望”は日本人男性が非常に多く持つ願望でもあり悩みのひとつです。でもそのあとに短小ペニスの男性たちは、声を揃えるようにこう言います。

でも・・・・
自分が短小ペニスなのは生まれつきの遺伝だから仕方がないと!



確かに生まれつきの遺伝性のものや、人種的な原因もあるかも知れません。ただここで投げやりに諦めてしまって果たしてよいのでしょうか?


理由を付けて諦めてしまったら、あなたのペニスは一生涯大きくなんてなりません。
自分のペニスが短小なのは生まれつきだからと諦めるのは早過ぎます!ペニスに隠された成長余地というものがあることを知らないだけなのです。知らないということが実に損をして、短小は遺伝だと大きな勘違いを引き起こしているのです。

隠された埋蔵ペニスとは

実際に試してみればわかりますが、勃起時に自分のペニスの付け根を指で押し込むように摘まんでみて下さい。外見上では見えない部分のペニスが腹の奥に向かって伸びていることが確認できる筈です。これはペニスの見えない部分の海綿体が体内に向かって伸びている証拠なのです。

実は短小ペニスの人ほど体内に“隠れたペニスの部分”(海綿体)が長いのです。個人差というものはありますが、ペニスの海綿体は外見上の見える部分とは別に、体内に埋もれて見えない埋蔵部分が6センチ〜10センチもあると言われています。

つまり短小ペニスの人は、この体内に埋もれている埋蔵ペニスを外に押し出すことが出来れば短小を改善できるのです。

体内に埋もれている埋蔵ペニスを覚醒させ外部に押し出すためには

otoko7.jpg

体内に埋もれている埋蔵ペニスを覚醒させ外部に押し出すためには、球海綿体筋という筋肉を鍛えていくことでペニスは外部に露出してしていきます。この球海綿体筋は勃起時に海綿体を押し出す役割をする筋肉ですが、PC筋を鍛えることで強化されることが先駆者たちの実践や経験から分かっています。

あなた自身の判断で、見た目が小さいから短小ペニスだと判断するのは勝手ですが、それでだけで短小を克服しないという判断は、非常に勿体ないと思います。隠された埋蔵部分が眠っていることも視野に入れてトレーニングを実施することで短小は克服できるのですから。


≫ペニスを大きくする方法トップページへ

ペニスを大きくする方法をご覧いただきましてありがとうございます。ペニスを大きくしたいけれど手術まではとお考えの方は、ペニスを大きくするマニュアルを活用して、大きな立派なペニスへと変貌させましょう。そのとき、あなたを見る周囲の視線も、あなた自身の自信も相当な変革をすることでしょう。

短小ペニス克服マニュアル
短小ペニス克服グッズ
ペニスが大きくなるメカニズム
チントレの基本エクササイズ
チントレマメ知識
購入特典