30tの血液量でペニスは大きくなる

onna1.jpg

ペニスは海綿体という組織で作られています。海綿体とはスポンジ状の勃起性組織のことをいうのですが、ペニスの場合はスポンジ状の組織に血液が浸透して大きく膨張すると考えて下さればわかりやすいと思います。スポンジが水分を吸収すると大きくなる原理と同じです。

あなたがエッチ最中やアダルトビデオを見て興奮したときをイメージして下さい。興奮したときのあなたの脳ではホルモンが分泌されてペニスに血液を送るように指示が出されます。そして大量の血液はペニスの陰茎海綿体と亀頭へと浸透していき、快感をつかさどる感覚器官を刺激してペニスは大きく勃起します。これが医学的に解明されているペニスが勃起するメカニズムです。

補足ですが、ペニスは海綿体なので勃起時に流れ込む血液量を増やすことが出来れば、年齢とは関係なくペニスを大きくすることが出来ます。ペニスを大きくするためには血流を改善させてあげればよいというポイントがあります。

日本人の勃起時のペニスの血液量を欧米人と比較しました

pet2.jpg

ペニスの勃起とは、海綿体に血液が浸透するこでペニスが膨張し硬くなる生理現象をペニスの勃起現象といいました。実はこの時、ペニスに流れ込む血液量を比較したものがあります。

日本人の場合、勃起時に流れ込む血液量の平均は150ccと言われています。
人間の体内には約4500ccの血液がありますから、日本人男性の勃起時の血液量はカラダ全体のたった約3.3%でしかないことがわかります。

一方、欧米人と比較するとどうでしょう。ペニスが日本人男性より大きい欧米人の勃起時の血液量は約180ccです。血液量を比較すると、その差はわずか30ccです。体全体の血液量の割合から比較しても1%の差しかありません。


わずか30ccの血液量の差だとしても、欧米人のペニスはやっぱり大きいです。これはペニス内にストックできる血液量が日本人男性より多い分、欧米人のペニスは大きいのです。ペニス内だけでみた血液量30tの差は“長さ”“太さ”に大きく差があることは事実です。ペニスの大きさは人種や遺伝ではなく、血液のストックできる量にも深く関係するのです。

あと30ccの血液がペニスに流れ込むように血流を改善できれば、日本人男性のペニスも大きくなる可能性はあります。

“ペットボトルに入る水の量”と“缶コーヒーに入る水の量”どちらが多いでしょうか?(いうまでもありませんね)

ペニスの悩みを克服できるマニュアル

book3.jpg

現在ではペニスの悩みを克服するするためのトレーニング法が多数確立しています。ペニス増大を成功させた先駆者たちの手により研究や実験を重ねた集大成、また専門家とのコラボレーションなど、さまざまなトレーニング法があります。

PC筋トレーニング、ウォームアップ法、亀頭マッサージ法、長さ増大エクササイズ、太さ増大エクササイズなど、今ではペニスを大きくしたい部分によってエクササイズを使い分けることが可能になりました。

どれを取っても書店では販売していない教材ですし、ペニスを大きくしたいと思う方に特化したマニュアルですから、“ペニス増大願望の強い方”“短小を克服したい方”だけが実践してくださればよろしいのではと思います。


≫ペニスを大きくする方法トップページへ

ペニスを大きくする方法をご覧いただきましてありがとうございます。ペニスを大きくしたいけれど手術まではとお考えの方は、ペニスを大きくするマニュアルを活用して、大きな立派なペニスへと変貌させましょう。そのとき、あなたを見る周囲の視線も、あなた自身の自信も相当な変革をすることでしょう。

短小ペニス克服マニュアル
短小ペニス克服グッズ
ペニスが大きくなるメカニズム
チントレの基本エクササイズ
チントレマメ知識
購入特典